山本舞香が出演していたドラマ、13歳のハローワークとは?

   

みなさんこんばんは!

管理人のゆきゆきです!

今回は、映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」でヒロイン役を演じて話題になっている女優の山本舞香さんが出演していたドラマ「13歳のハローワーク」について調べてみました。

■13歳のハローワークとは?

累計発行部数130万部を超える人気書籍「新 13歳のハローワーク」(村上龍 作)が原作のテレビドラマで、2012年1月13日から3月9日までの毎週金曜日23時15分からテレビ朝日で放送されていました。

ザ!鉄腕!DASH!! で有名なTOKIOの松岡昌宏さんが主演を務めました。

松岡昌宏さんが演じる主人公が、タイムスリップをして過去の自分と出会い、過去の自分の行動を変えることで現在の自分を変えようとする物語となっています。

原作の書籍は学校の教材でも使われていたようです。

すごいですね!

■あらすじ

主人公の小暮鉄平は、警視庁捜査一課の刑事になることに憧れて警察官になった生活安全課に所属している刑事。

今の仕事に不満を感じている中、突然1990年にタイムスリップした彼は13歳の自分に出会い、鉄平を警視庁捜査一課の刑事にさせるために色々なサポートを始める。

劇中では、鉄平が過去と現在を行き来する時に歴史が少し変化しており、漫画家を志望していた岡島正人が元の世界では、売れっ子漫画家になるも、後に自由に自分の描きたい漫画を描けないことが嫌で疾走する場面があったが、歴史が変化した後の世界では、岡島は漫画家になることがなく、本来世に出るハズだった漫画が存在していない事になっている。

しかし、岡島は漫画に対して希望を持ち、自分が描きたい漫画を描きながらフリーター生活を送っている。

また鉄平が刑事になろうとしたきっかけとなる事件の詳細も元の世界と歴史が変化した後では異なっており、高野が身に付けている腕時計は、この事件で犯人に拳銃で撃たれそうになったところを鉄平に押し飛ばした際にヒビが入った。

このヒビ割れた腕時計を高野は2012年現在でも身に付けており、第一話の時点で既にヒビが入っていた。

鉄平は、無意識ではあったものの、1990年当時の同級生たちの将来に対する考え方に大きな影響を与えており、2012年現在では13歳当時に思い描いていた夢とは異なるものの充実した生活を送っている人も多い。

また、仕事や色々なことを経験する上で、生活安全課の仕事の方が自分には合っていることを感じ、高野から捜査一課の刑事への推薦を受けるも、辞退する。

■山本舞香が演じた役は?

山本舞香さんは、東進学会塾生の田村真帆役でレギュラー出演をしました。

他人にサポートされる人生ではなく、自分自身の力で生きて行くことができる人になりたいという考えを持つ人物を演じました。

ドラマに出演した当時は14歳でした。

どんな風に演技をしていたんでしょうね。

掲載されている情報は、間違っている場合や営業時間、メニューの変更、駐車場の料金が変わっている場合があります。

公式サイトや公式SNSを確認してからお店に行くようにして下さい。

車で行く場合は現在も駐車場があるのかしっかり調べましょう。

当ブログの情報を参考にしたことによって損害が生じても一切責任を負いません。

 - 山本舞香

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.