武田真治のサックスの実力がすごい!腕前に関して評価が分かれているワケとは?

   

ドラマ「凪のお暇」や、ゲーム「ロマンシング サガ リ・ユニバース」のCMなどに出演した俳優の武田真治さん。

そんな武田真治さんは、サックスを吹くこともでき、たまにテレビで演奏している時もありますね。

彼はあるサックス奏者をテレビで見たのがキッカケでサックスを始めました。

武田真治さんのサックスの腕前に関しては視聴者たちはあまり良い評価をしていない人が多いようです。

本当にサックスが下手なのか?

武田真治さんのサックスの実力はどんな感じなのか?

今回は武田真治さんのサックスの腕前や、サックスを始めた詳しいキッカケ、ネットからの評価などについてまとめてみました。

■武田 真治(たけだ しんじ)プロフィール

生年月日:1972年12月18日

星座:いて座

血液型:AB型

身長:165cm

出身地:北海道札幌市

ジャンル:俳優、タレント、サックスプレーヤー、ナレーター、コスプレイヤー

所属している事務所:ホリプロ

■武田真治のサックス奏者としての実力は?

1990年に俳優デビューした武田真治さん。

デビューから5年後にサックス奏者としても活動を始め、現在もサックスを吹き続けています。

武田真治さんは今までにアルバムやシングルをリリースしたり、NHKで放送されている情報番組「ニュースきょう一日」のテーマ曲も演奏したりしています。

番組のテーマ曲を任せられたりしてるのでサックス奏者として実力はあるんではないでしょうか。

武田真治さんがサックスを拭き始めたワケが気になりますね。

■サックスを吹き始めたワケとは?

武田真治さんは姉と一緒に音楽番組を視聴していた時にサックスを演奏する藤井尚之(元チェッカーズのサックスプレイヤー)さんに魅力を感じたのがサックスを吹き始めたキッカケのようです。

将来はサックスプレイヤーになろうと思っていた武田真治さんは、中学生の時から一生懸命練習に励みました。

彼はジュノンスーパーボーイコンテストに応募して最終的には俳優としてデビューしましたが、俳優になることを目標にしておらず、サックス奏者としてデビューするキッカケ作りになればと思ってコンテストに参加したようです。

応募した理由がサックス奏者になるためのキッカケづくりだったとは衝撃的です。

サックス奏者として実力を見せたかったのでしょうか。

武田真治さんのサックス愛が伝わりますね。

そんな彼のサックス奏者としての評価はどんな感じなのでしょうか。

■武田真治さんのサックス奏者としての評価は?

武田真治さんは20年以上、サックスを吹き続けていますが、なぜか

「上手くない」

「うるさい」

と評価されているみたいです。

ここで、ツイッターユーザーからの評価を見て行きましょう。

武田真治さんのサックスはうるさいと思っている人が多いようですが、肯定的に評価している人もいますね。

■なぜ武田真治のサックスがうるさいと思われるのか?

武田真治さんのサックスがうるさいと言われる理由について調べてみました。

・武田真治が使っているサックスが関係している

武田真治さんがよく使用しているのは「アルトサックス」です。

サックスには種類があり、ソプラノ、テナー、アルト、バリトンなどがあり、主に使われるのはこの4種類だと言われています。

アルトサックスこの4種の中でも最も使用される種類だそうで、力のある音からソフトな音まで奏でることが可能です。

なので、音の出し方によってはうるさく感じてしまう音が出てしまうのでしょう。

武田真治さんはアルトサックス以外にバリトンサックスを使う時もあるようです。

・主張が関係してる

音の出し方によっては、力のある音を奏でることができるアルトサックス。

武田真治さんはまさに力のある音を出すタイプです。

なので、中には「主張が強い」「うるさい」と思う人がいるのかもしれません。

もちろん主張が良いという人もいます。

感じ方は人それぞれですね。

・パフォーマンスが関係してる

https://twitter.com/miyakichi_xxx/status/1120275528831791104?s=21

サックスがうるさいのはパフォーマンスが一番影響しているのかも知れませんね。

武田真治さんと言えば、筋肉を見せながら激しいパフォーマンスでサックスを吹いている感じがします。

武田真治さんは皆に注目されるようにサックスを吹いてるんでしょうか。

中には、このパフォーマンスが武田真治さんが吹くサックスの音がうるさく聞こえてしまっているのではないかと感じている人もいるようです。

評価が大きく分かれている武田真治さんの腕前はどうなんでしょうか。

■武田真治のサックスの腕前について

武田真治さんが吹くサックスがうるさいと感じている意見や、なぜうるさく感じてしまうのかをまとめてみましたが、武田真治さんのサックスの腕前についてハッキリ知りたいと思っている人もいると思います。

ここで、武田真治さんのサックスの腕前についての評価を見ていきましょう。

・ポジティブな評価

https://twitter.com/1kinokonuts/status/1138411237052542976?s=21

武田真治さんが演奏するサックスに釘付け状態の人もいるようですね。

・ネガティブな評価

激しいパフォーマンスが苦手なんでしょうか。
中にはネガティブな評価をしている人もいますね。

好みが全員違うので、否定的な評価が多少あるのは仕方がないのかも知れません。

・どちらでもないという評価

まさかのどららでもないという評価がありました。

ビックリです!

■まとめ

武田真治さんのサックスについて評価が大きく分かれていることが分かりました。

演奏経験があるかないかで見方が違う感じがしますね。

それでも武田真治さんの演奏は人を惹きつける魅力があるのでしょう。

もし、サックスが下手ならば「サックス奏者」として演奏する機会を得ることはないですし、演奏をお願いされることはないと思います。

プロと武田真治さんを比べるとどれくらい差があるのかは分かりませんが、聴く人によっては肯定的な評価をしているので、武田真治さんのサックスの腕前は悪くないと感じています。

今後も武田真治さんは色んな場面でサックス奏者として活躍していくことでしょう。

掲載されている情報は、間違っている場合や営業時間、メニューの変更、駐車場の料金が変わっている場合があります。

公式サイトや公式SNSを確認してからお店に行くようにして下さい。

車で行く場合は現在も駐車場があるのかしっかり調べましょう。

当ブログの情報を参考にしたことによって損害が生じても一切責任を負いません。

 - 武田真治

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.