横浜流星の空手はいつから?道場の場所や世界一とは?

      2019/12/14

ドラマ「4分間のマリーゴールド」に出演している俳優の横浜流星さん。

2020年の1月12日から日本テレビで放送されるドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」で主演を務めることで話題になり、「Yahoo!検索大賞2019 大賞&俳優部門賞」も受賞するほど人気があります。

そんな横浜流星さんの空手は世界一とウワサになっているようです。

彼が空手を始めたのはいつからなんでしょうかね。

練習していた空手道場の場所も気になります。

きっと相当厳しい環境で練習をしていたのかも知れませんね。

今回は、

・横浜流星さんが空手を始めたのはいつからなのか?

・空手が世界一は本当か?

・空手道場の場所はどこなのか?

この3つについて調べてみました。

■横浜流星は空手を始めたのはいつから?

空手が世界一とささやかれている横浜流星さんは空手をいつから始めたのでしょうか。

横浜流星さんが空手を始めたのはいつからなのかについて調べてみた結果、小学一年生の時からだということが判明しました。

空手を始めた当初は、通っていた道場の中で最弱でしたが、一生懸命稽古を積み、最終的には空手の段位が初段(黒帯)になりました。

中学時代は芸能活動よりも空手の方に集中しており、世界大会に出場したこともあるようです。

よっぽど空手が好きだったんでしょうか。

世界大会に出場したのは驚きです。

いつから才能を開花させたんでしょうかね。

しかも、陸上部にも入っていたそうです。

カッコよくてスポーツもできていたのなら、クラスの女子からかなり好かれていたでしょう。

そんな横浜流星さんは高校生になっても空手を続けていたそうです。

空手と陸上をやっていたおかげなのでしょうか。

高校時代の得意な科目は、体育だったようです。

ここまで見ると空手は世界一強いのか知りたくなりますね。

■横浜流星の空手は世界一?

横浜流星さんは、中学三年生の時に「第7回国際青少年空手道場選手権大会13・14歳男子55kg」でナンバー1となり、世界一に輝きました。

かなりハードな練習をされたんでしょうかね。

高校一年生の時にも空手の大会に出場したようですが、残念ながら世界一にはなれなかったようです。

俳優の仕事が忙しくなって中々練習ができなかったのかも知れませんね。

そんな横浜流星さんですが、過去に「痛快TV スカッとジャパン」や、「VS嵐」で空手を披露したことがあったみたいです。

テレビで披露した空手はキレが良くて、カッコいいと評判だったようです。

世界一に輝いたことのある横浜流星さんの空手をいつか生で見てみたいですね。

子供の頃はどこの道場で練習していたんでしょうかね。

■横浜流星が通っていた空手道場の場所は?

横浜流星さんは神奈川県で生まれ、その後は埼玉県松伏で育ちました。

横浜流星さんが通っていた空手道場の場所について調べてみた結果、極真会館下総市部松伏道場ではないかということが分かりました。

この空手道場は岡田幸喜分支部長が指導しています。

2003年に作られた道場ですが、2009年に移転したようです。

横浜流星さんはここで稽古を積んで世界一に輝いたんですね。

自分の子供に空手を教えるのなら極真会館下総市部松伏道場に通わせてみてはいかがでしょうか。

■ 横浜流星の空手はいつから?道場の場所や世界一とは?まとめ

今回は

・横浜流星さんの空手はいつからやり始めた?

・横浜流星さんの空手は世界一?

・横浜流星がさんが通っていた道場の場所はどこなのか?

についてまとめてみました。

横浜流星さんは小学一年生の時に空手をやり始め、中学三年生の時に空手の国際大会に出場し、世界一になりました。

通っていた道場についても調べてみたら、極真会館下総市部松伏道場だということが分かりました。

彼が空手をしてる姿を今後バラエティやドラマで見てみたいですね。

掲載されている情報は、間違っている場合や営業時間、メニューの変更、駐車場の料金が変わっている場合があります。

公式サイトや公式SNSを確認してからお店に行くようにして下さい。

車で行く場合は現在も駐車場があるのかしっかり調べましょう。

当ブログの情報を参考にしたことによって損害が生じても一切責任を負いません。

 - 横浜流星

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.