成増のダイエー閉店後の跡地はマンション?閉店した理由は?

      2020/07/26

1988年6月にオープンした成増のダイエーが最近閉店したようです。

閉店した理由が気になりますね。

長年地元の人に愛されてきた成増のダイエーが突然閉店してしまい、驚いたりしてる人がいると思います。

閉店後の跡地には一体何ができるのでしょうか。

ネットで調べてみるとマンションができるとウワサになっているようです。

今回は、

・成増のダイエーが閉店した理由

・閉店後の跡地にマンションができるのは本当か?

についてまとめてみました。

■成増のダイエーが閉店

成増のダイエーは、1988年6月にオープンしました。

店内にはダイソーがあり、品揃えが良かったのでブログの管理人もよく利用していました。

利用者数が1日1万人と言われていたダイエーは31年間営業していましたが、2019年12月31日に閉店しました。

ネットでは、まだ営業を続けて欲しい声が上がっているようです。

成増といえば、漫画「風夏」の舞台であり、作者の瀬尾公治さんも、よくダイエーを利用していたそうですよ。

瀬尾公治さんが閉店を知ったらどんな反応をするんでしょうかね。

お店の目の前はスキップ村商店街で、らあめん花月嵐、ガスト、カルディ、はなまるうどんなど、モスバーガー(1号店)、リンガーハットなど、多くのチェーン店が並んでいますね。

人通りが多く、飲食店が多いので待ち合わせ場所に使ったりしていた人がいるのでないでしょうか。

■成増のダイエー閉店後の跡地はマンション?

ダイエー成増店の閉店後の跡地はマンションができるとウワサになっていますが、本当でしょうか。

詳しく調べてみたところ、ハッキリした情報が見つかりませんでした。

建物自体は、まだ使えそうなので取り壊さずに別のスーパーになるかも知れないですし、更地にしてマンションを建てるかも知れません。

東武東上線「志木駅」の近くにあったダイエーの場合は、2013年に閉店し、その後はプラウドシティ志木本町というマンションに建て替えられました。

そう考えると、成増のダイエーも跡地はマンションになる可能性が高そうですね。

何故多くの人から愛されてきたのに閉鎖することになったのでしょうか。

理由が気になります。

■成増のダイエーが閉店した理由は?

成増のダイエーが閉店した理由は赤字が原因ではないでしょうか。

ダイエーは経営難で苦しんだ時期があり、2005年に全国の中から53店舗を閉店することを決めました。

成増店も閉店候補に入っていましたが、売上が回復すると見込まれ、閉鎖の話しは無くなりました。

その後、マルエツや成城石井がオープンし、お客さんが減ってしまい、赤字が膨らんで閉店に至ったのではないかと思います。

■成増のダイエー閉店後の跡地はマンション?閉店した理由は?まとめ

1988年にオープンした成増のダイエーは、31年間多くの人から愛されてきましたが、2019年12月31日に閉店しました。

閉店後の跡地はマンションになるとウワサされていますが、ハッキリした情報が見つからないので、どうなるのかは不明です。

ですが、志木にあったダイエーも跡地はマンションになっていたので、成増のダイエーもそうなる可能性が高そうな感じがします。

閉店した理由はライバル店が増えて客数が減り、赤字が膨らんだのが原因ではないかと思われます。

今後、空き家になった建物がどうなるのか気になりますね。

掲載されている情報は、間違っている場合や営業時間、メニューの変更、駐車場の料金が変わっている場合があります。

公式サイトや公式SNSを確認してからお店に行くようにして下さい。

車で行く場合は現在も駐車場があるのかしっかり調べましょう。

当ブログの情報を参考にしたことによって損害が生じても一切責任を負いません。

 - 成増

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.